パチンコ店の正体とは

パチンコ店は全国に約12000店舗以上

▼パチンコの勝率UP!!ならサイトセブン▼
データロボサイトセブン公式サイト

 

パチンコ店は2012年現在、全国に約12000店舗あります。

 

12000店舗というと多いように思いますが、パチンコ店は年々減少傾向をたどっており、業界自体も年々縮小傾向となっています。

 

その理由として、パチンコ店の大型化があります。パチンコ店は大手の店が規模を拡大し、地方では広大な土地を使って営業しています。

 

そのような大手のパチンコ店に小規模パチンコ店が圧迫され、小規模のパチンコ店は撤退を余儀なくされています。また、年々法律による取り締まりが強化され、倒産しざるえないパチンコ店も後を絶ちません。

 

さらに出玉性能に対しての規制も厳しくなり、パチンコユーザーのパチンコ離れも加速しています。

 

とはいえ、パチンコ業界は3兆円産業であり、日本国民の娯楽のひとつとして深く浸透しています。ちょっと足を走らせれば近くにパチンコ店がある、こんな身近に身近に賭博が存在する国は日本だけです。

 

また、パチンコ店の莫大な利益はどこに消えていくのでしょうか。これはあくまで噂ですが、パチンコ店の収益は北朝鮮に送金されています。

 

実際に、パチンコ店の社長を調べてみてください。・・・大部分が朝鮮人の方であるはずです。

 


 

≫パチンコ・パチスロ攻略情報・データならデータロボサイトセブン TOPに戻る