新台導入期は攻め時!【推定信頼度70%】

新台導入直後が狙い目

▼パチンコの勝率UP!!ならサイトセブン▼
データロボサイトセブン公式サイト

 

パチンコで「勝ち」のみを前提として遊戯する場合、新台導入直後が狙い目です。

 

2011年のイベント規制により、パチンコ店では新台導入のお知らせをメインに集客し、チラシやメールマガジンなどで新台導入を大々的にユーザーに伝えています。

 

新台の導入は、その時期において間違いなくホールの目玉機種となります。新台導入期はパチンコ解析サイトやパチンコ雑誌で新台情報を知り、ついに打つことができると期待を膨らませたユーザーが多く集まります。

 

ホールとしても目玉の新台を全台不発にするわけにはいきません。「なんだ、この機種全然出ないんだ」とユーザーに思われては、今後の稼働率に大きく影響しますし、ホールへの印象も落ちてしまいます。

 

そのようなことから、ホールでは導入期に新台を出すようにしているところが非常に多いです。しかし、店側が「出るようにする」ということ自体、根拠がいまいち示せません。

 

目玉機種だからといって、通常大当たり確立が1/300の台が1/100になるわけではありませんし、連チャン継続率がアップするわけでもありません。

 

雄一、店側が調整できるのは「クギ」です。クギをひらくことにより、回転数を高めることができます。

 

しかし、回転数が高いからといって「出る」とも限りません。この辺りの真相はやはり「出玉調整システム」の存在の有無に関係してくるはずです。

 

≫出玉調整システムについて詳しく読む

 


 

≫パチンコ・パチスロ攻略情報・データならデータロボサイトセブン TOPに戻る