月初めは守り・月末は攻め【推定信頼度30%】

月初めに出玉を絞り、月末に出玉解放

▼パチンコの勝率UP!!ならサイトセブン▼
データロボサイトセブン公式サイト

 

こちらはホールによっても差がありますが、推定信頼度30%ということでご容赦ください。

 

ホールでは月初めに出玉を絞り、月末に出玉解放するというところが多く見られます。

 

ホールはユーザーのヒキによって経営状況が左右されるというような無計画な経営計画のもと運営されているわけではありません。

 

そのため、短期で利益の目標を立てて、それを達成するために出玉を調整し、計画的な利益をあげています。

 

私は、その短期的計画が1ヵ月単位となっていると予想しています。月初めに出玉を予想以上に出してしまったら、その月の後半の利益確保が難しくなります。

 

また、必ずしも計画通りの稼働率を達成できるとも限りません。月初めから必要以上の出玉を出してしまうと、ホールにとってはリスクの方が大きくなるのです。

 

そのようなことから、月初めは出玉を絞り、その状況に応じて月末に出玉を調整・解放するホールが多く目立ちます。

 

月初めに出玉を必要以上に絞っているホールは、その月の後半〜月末にかけて出玉を解放してくる確立が高いとみて、ユーザーにとっては攻め時となります。

 

逆に月初めに出玉を開放しているホールの月末は要注意となります。

 


 

≫パチンコ・パチスロ攻略情報・データならデータロボサイトセブン TOPに戻る