勝負のカギは千円あたりの回転数【推定信頼度80%】

パチンコで「勝ち」を最大限に引きよせる方法ver.1

▼パチンコの勝率UP!!ならサイトセブン▼
データロボサイトセブン公式サイト

 

パチンコに行く人の目的は「勝つ」ことです。当たり前のことですが、その日に使った(投資した)お金が、その日に得たお金(収入・回収)を上回れば実質「勝つ」ことになります。ここで、「勝ち」を極限まで引きつける雄一の方法をご紹介します。

 

【勝負のカギは千円あたりの回転数】推定信頼度80%

具体的な機種を例に出して解説していきましょう。2009年の大ヒットパチンコ機種と言えば満場一致で「CR花の慶次-雲のかなたに-」ではないでしょうか。

 

今回はこの機種を例とします。

「CR花の慶次-雲のかなたに-」

  • 大当たり確立・・・1/399.25
  • 継続率・・・80%
  • 大当たり出玉・・・約1600玉

さて、まず考えていただきたいのが、1000円あたり何回転回るかということです。これはホールによって差がでてきます。今回は仮に20回転とします。

 

そこでまず考えるべきことは、1000円で20回転、大当たりまでには約2万円必要とします。次に継続率80%を見ていきます。確立通りに出ると大当たりが4連となります。出玉に換算すると、6400発、金額に換算(等価)すると25600円。

 

ご覧の通り、確立上は必ず「勝ち」となるわけです。

 

では、もうひとつ同じ機種を例にして、1000円あたりの回転数を15回転とします。すると・・・

大当たりまでに必要な金額=約27000円
継続率80%から見た出玉との差=25600円-27000円=マイナス1400円

こちらは、最初にあげたパターンとは反対に「負け」となってしまいます。

 

パチンコで勝負する際に何が重要か見えてきましたよね。

 

そうです!勝負は回転数です。回転数を上げることにより、勝ちを引きつけることができます。回転数はホールによって微量ではありますが差があります。高回転数を安定して稼働させている優良店を見つけることも勝ちを引きつける大きなポイントとなります。

 

最後に、上記のような簡単な計算をそれぞれの機種に当てはめると辛い台、甘い台なんかも見えてきます。「データロボサイトセブン」の機種情報を是非参考にしてみてください。

 


 

≫パチンコ・パチスロ攻略情報・データならデータロボサイトセブン TOPに戻る