出る曜日・出ない曜日【推定信頼度30%】

パチンコ店のクセの一つとして「カド台が出る」「中間台」がでる

▼パチンコの勝率UP!!ならサイトセブン▼
データロボサイトセブン公式サイト

 

パチンコ店においてイベントがなくなった現在、毎日が通常営業となっています。

 

イベントが開催されていた頃には攻め時が明確でしたが、現在はホールのタイミングを見計らって、あとはヒキと運で勝負するしかありません。しかし、一つのホールにしばらく通っていると、その店のクセが見えてきます。

 

前の記事でも取り上げた「カド・カド2」「履歴からの推測」などいくつか要素はありますが、「曜日」もまた、ひとつの判断基準として捉えることができます。

 

曜日こそ、ホールによって様々で一概にこの曜日が狙い目とは断言できません。しかし、私のよく通うホール(3店舗)では、曜日によって出る日と出ない日が明確なところもります。

 

大きく分けると、平日に出玉解放するホールと土日に出玉解放するホールとに分かれます。

 

一般的に土日の方が来客数は圧倒的に多く、平日に打ちにこれないサラリーマンは主に土日勝負のみとなります。来客数が多い日こそ店側としては出玉を解放し、出玉をPRしたいと思っています。

 

しかし、逆に考えると、ヘビーパチンコユーザーは平日勝負がメインとなり、平日に全く出ないホールですと常連もつきにくく、大当たりの履歴も残せませんので、土日の集客にも大きく影響してきます。

 

私個人的には「火曜日」と「金曜日」がおすすめです。火曜日は大半のパチンコ店で新台導入日翌日にあたります。新台導入日は店側は新台の出方・爆発力等の様子を見るところが多いです。

 

その翌日の新台導入2日目は前日の出玉データを元に、出す店はしっかり出してきます。逆に新台導入日当日に爆発しているホールは新台導入2日目は様子を見た方が良いかもしれません。

 

金曜日は多くのお客さんが来店する土日のために、通常より出玉を解放し、大当たり履歴を残します。その残った履歴は土日に来店するお客さんにとって、そのまま店側からの広告PRになります。

 

是非、よく通うホールの出玉状況を曜日別に分析してみてください。もしかしたら明確な曜日による出玉差が発見できるかもしれません。もし発見できたら、それは大きな判断要素として勝負に生かすことができます。

 


 

≫パチンコ・パチスロ攻略情報・データならデータロボサイトセブン TOPに戻る